冬の観光 冬の観光
青森の長く寒い冬には、東北新幹線から乗り継ぐ冬の風物詩「ストーブ列車」やみちのく五大雪まつりの一つ「雪灯籠まつり」が楽しめます。
弘前城雪燈籠まつり
みちのく五大雪まつりの一つ「弘前城雪燈籠まつり」

春はさくらまつり、秋は弘前城菊と紅葉まつりで有名な弘前城がある弘前公園。冬のオススメは「雪燈篭まつり」。
昭和52年から開催されている市民手作りのお祭りです。
メイン会場は大雪像が、天守閣から西堀の土手には、500期にも及ぶ雪燈籠や雪像の数々。ろうそくが灯り、幻想の世界を醸し出します。
雪燈篭まつりは、お祭り期間中だけでなく、準備期間中もまた見どころの一つ。小学生から年配の方までたくさんの市民が参加し、雪を四角く固め、スコップやヘラで削って形を整えて、やがて一つの作品が完成します。みんな手慣れた感じです。寒い冬でも、温かみを感じるお祭りです。

期間 平成25年2月8日(金)~平成25年2月11日(月)
リンク (社)弘前観光コンベンション協会公式ホームページ
住所 青森県弘前市下白銀町1 GoogleMapで見る
アクセス JR弘前駅より弘南バス市役所方面行15分、市役所前公園入口より徒歩5分 弘南バス
ストーブ列車
東北新幹線から乗り継ぐ冬の風物詩「ストーブ列車」

古い客車にだるまストーブが2か所に設置されている「ストーブ列車」。
三両編成が毎日二往復で運行され、車内は観光客ばかりと思いきや多くは地元利用客で、雪深い津軽ではまだまだ欠かせない存在です。
ストーブが温まりはじめたら、持ち込んだスルメを焼き始めたり、乗客同士おしゃべりを楽しんだり。スルメの香りが車内に広がる頃、窓の外には地元名産「ふじ」のりんご畑の雪景色が広がります。
シートの肌触り、列車の音など、子供のころに出会った記憶や光景が浮かびます。

運転期間 平成24年12月1日(土)~平成25年3月31日(日)
リンク 津軽鉄道ホームページ
住所 青森県五所川原市大町39 GoogleMapで見る
アクセス JR弘前駅より弘南バス市役所方面行15分、市役所前公園入口より徒歩5分 弘南バス
所要時間 車で45分
白鳥ふれあい広場
大陸使者が舞い降りる「白鳥ふれあい広場」

12月~3月にかけて、オオハクチョウ・コハクチョウが200羽以上、カモが500羽以上飛来し、時にはオジロワシ、コクチョウ、ハクガンなど珍しい鳥が姿を見せることもあります。敷地内にある、白鳥観察施設「こ~やまるくん」では、白鳥の餌となるパンくずも販売しています。
白鳥ふれあい広場に飛来してくる白鳥やカモたちは、人間にとてもなついていて、えさをあげようとすると、コォー、コォーと鳴きながら寄って来ます。慣れてくると、手から餌を食べるようにまでなり、白鳥とのふれあいを楽しむことができます。

運転期間 平成24年12月1日(土)~平成25年3月31日(日)
リンク aptinet 青森県観光情報サイト
住所 青森県南津軽郡藤崎町藤崎岡本(平川河川敷) GoogleMapで見る
アクセス JR五能線「藤崎駅」から徒歩10分 JR五能線
所要時間 車で45分
冬の観光の詳細はこちら冬の観光の詳細はこちら
各種プランのご案内 空室検索・宿泊予約
その他のアクティビティ
お問い合わせ 無料Web会員募集中
予約クローズ
空室検索・宿泊予約
ご宿泊日
ご利用人数
ご宿泊日数
部屋数
お食事