This post is also available in: English (英語)

各国から集まった8名のサイクリストたちは、青森での550kmに及ぶツアーを見事完走しました。5月下旬に実施したこのツアーでは、人気のある観光スポットから広大な田園や農村、美しい原生林にいたるまで、様々な舞台でライディングを繰り広げ、参加者の皆さんは終始美しい景色と地域の美味しい食事を楽しんでいました。普段、都会で忙しく過ごしている皆さんは、静かで快適なルートに心を躍らせていました。今回のツアー、参加者の皆さんにとっても、私たちスタッフにとっても、きっと忘れがたいものになることでしょう!

Day 1

1日目は、岩木山の南側をライディング。最初は、弘前城の中をゆっくりと散策、禅林街に立ち寄った後、リンゴ公園でとびきりのリンゴをいただき、西目屋では今日は、弘前城、禅林街、弘前りんご公園をまわった後、世界遺産白神山地まで足を運びショートトレッキング、計120kmのライディングでした。明日も素晴らしいライディングになりますように。

outlands bike tour cyclists ride over red bridge hirosaki park

1日目は、歴史ある弘前城の公園の中を散策ライディング。お堀にかかる古い木の橋を渡っているところです。

Day 2

サイクリングツアー2日目。午前4時に出発して岩木山を周回しながら岩木山神社に立ち寄った後、鰺ヶ沢町まで降りて名物の「ヒラメのヅケ丼」をいただき、鶴の舞橋、アビタニアジャージーファームまで足を運びました。今日は距離110km、標高差2000m超のライディングでした。何と予定よりも2時間も早く帰着しました。ライダーの皆さんの強靭ぶりに脱帽!

Cyclist on early morning on ascent up Iwaki Loop Line

2日目の早朝、柔らかな朝日を背負いながら、これから待ち受ける岩木の長いクライミングに備えて、ウォームアップしながらライディングをしています。

outland bike tour cyclists break at Iwaki-san Shrine
2日目、旅の安全を祈願するお守りを求めて、岩木山神社にも立ち寄りました。

Day 3

3日目の30日は、今回のツアー中もっとも長い180km以上を走破しました。竜飛崎を時計回りに周回しながら、十三湖、七つ滝に立ち寄った後、眺瞰台までの厳しいクライムを克服し、今別ではローカル牛のランチをいただきました。長い一日でしたが、最終日となる明日はもっともタフな行程になります。ライダーの皆さん、明日に備えて、しっかり準備を整えていることでしょう。

outlands bike tour cyclists riding coastal highway to Mt Tappi
3日目、竜飛に差し掛かる前のフラットなワイディング・ロードでは、さしずめクライミング前の束の間のブレークといわんばかりに、スピードに乗って颯爽とライディング。

outlands bike tour cyclist riding switchback road to Choukandai Observatory
3日目の竜飛崎ライディング。うす雲の立ち込める幻想的な風景のなか、孤高のサイクリストが、最高標高地点である眺瞰台前の最後のカーブに取り付きました。

Day 4

ツアーの最終日は、標高差2800mのクライムが待ち受ける難コース。序盤、登り下りの変化に富んだルートを超えた後は、大鰐温泉、御鼻部山(おはなべやま)、十和田湖、追良瀬渓谷を経由して八甲田、酸ヶ湯まで抜ける137kmのライディング。全員がすべての行程を走破し、満足感と笑顔いっぱいでパッキングをしていました。

Cyclist on outlands bike tour bridge and Aomori Beech Forest
最終日は十和田、追良瀬、八甲田。ライダーが追良瀬の流れに見入ってしばし橋の上で休憩。青森の美しい森の中では、時にはこうしてゆっくりと自然を愛でる時間も必要ですね。

アウトランズ・ツアーのビデオをぜひご覧ください。

参加者の皆さん、はるばる青森に来てくれて、ありがとうございました。他の季節にもさらに大きな楽しみを求めて、ぜひ訪ねてきてください。

このツアーのツアーに興味のある方は、

ロックウッド・ホテル&スパから発信する情報に随時アクセスするか、以下のEメール・アドレスにお問い合わせください rwhs@rockwoodhotel.com